マッサージは終わるよ。俺がそう望むならね。

人気記事ランキング

ホーム > 暮らし > 生乾きの洗濯物の匂いとして認識される

生乾きの洗濯物の匂いとして認識される

なかなか自分では気が付きにくいワキガですが、ひょっとしてと不安に思う人は少なからずいるのではないでしょうか。
よく言われるのが、食品の腐った臭いや生乾きの洗濯物の匂いとして認識されています。

しかし、臭いという基準では個人による体感の差異が大きく、また自分の臭いに気付かないことも多いのは間違えありません。
具体的なワキガの典型的な症状として、着用している衣類の脇の部分への黄ばみがあると言われていますが、これも症状によっては一概に判断することができません。
最後に辿り着くいちばん頼りになる存在というのは、やはり専門のお医者さんに見てもらうことなります。

しかし、専門の病院で受診しても、そもそもの原因は脇の皮膚の下にあるアポクリン腺の分泌物なので、目で実際に見えるものではありません。
医療機関でのワキガ診断の最終的な判断基準も、やはり臭いよるものになるそうです。

ですが、お医者さんにワキガと診断されると、手術費用に保険を適用することができるようになります。
自由診療だと通常10万円以上することが多いので、ぜひお悩みの方は医療機関への受診をお勧めします。
ひとつの診療機関ではワキガと判断されなくても、別の病院で異なる診察結果になることもあるので、諦めないでもらいたいです。

とりあえず、簡単な方法でワキガ対策をしたいということなら、別におすすめの方法があります。

ワキガの臭いを消すために開発された専用のクリームやジェルを使う方法です。

最新のワキガ対策クリームや製品自体の臭いも抑えられており、身体に負担のかかる成分もつかわれていないようです。

あなたも、ワキガ対策クリームをお試しになってはいかがですか。